女性のためのエッチ体験img

私は趣味のサークルに入っています。
そして、サークルの展示会を近々行う関係で、
作業場と倉庫替わりに借りた
ウイークリーマンションへ
準備のため毎日の様に通っていました。
いつもは一人で小道具を作ったりしていたのですが、
ある日仲間のRさんが手つだいにきました。
実は彼とは5年前に
2回Hをした関係でした。
しかし彼は既婚者で奥さんがいるし
私もそれから結婚しまして、
当時の事は二人だけの秘密にしておこうと
暗黙の了解をしていました。
と言う訳で、何事もなかったかの様に
普通の関係に戻りその日は二人で
世間話をしつつ淡々と作業して終りました。
次の日、私はまた作業しに
マンションに赴くとすでにRさんが作業中でした。
自分も作業に取り掛かろうとしたら、
Rさんが突然私の頭をなで回しました。
「な~にやってんですか~。
セットが乱れちゃいますよ」
と冗談でやられたモノだと思い冗談で返すと、
Rさんの様子がおかしい。
Rさんは今度
は私の手をにぎるとこういうのです。
「オレ、最近たまってんだよね」
そういわれても、もうお互い既婚者だし
それに私当時よりかなり
太っちゃってるから、
そういう対象にはなり得ないし
と言い訳を言い拒もうとするのですが
気持ちとは反比例して
アソコがだんだん濡れてくる。
Rさんはズボンを下ろし
私にイチモツを見せると「舐めて」と言ってきました。
私は戸惑いながらも、
それを口に含みフェラチオしてしまいました
そして自分の主人にしてあげる以上に
丁寧に舌でからめ、
彼の男根に吸いつきました。
時折彼がうめき声をあげるのを心地よく耳にし、
このまま口でイカせてあげようと
前後に動かそうとした時、
彼が「お前のおまんコをなめたい」
と呟くや否や私を床に寝かせ
ベッドの上は荷物でいっぱいだったので
Gパンとパンツを剥ぎ取ると
私のアソコにむしゃぶりついてきました。
クリトリスから膣まで
順々に舐められて思わず声が出てきます。
するとRさんが私の顔に
イチモツを近づけてきたのでそれをくわえ、
しばらく69状態で舐め合っていました。
私はすごい気持ち良くなってきて、
あえぎ声でくわえていられなくなると
Rさんは私の口からイチモツを抜き、
まんこにあてがうと
「入れるよ」
といい遂に入れられてしまいました。
あぁ~ダンナへの貞操が
終っちゃったな
と思いつつも、
今でもまだ密かに好きな人に
突かれているという喜びには勝てませんでした。
しかし、5年ぶりにRさんを
受け入れて気がついた事がありました。
それは 、
「Rさんのチンチン、
ダンナのよりちっちぇ~」
入ってるのは分かるんだけど
膣に感覚がない。
正直な所、フェラのときから
薄々感づいてはいたけど入れられて確信。
でも、そんなの愛とテクニックで
どうにでもなるわとアソコに神経を集中し
Rさんを感じようと努力してたら、
Rさん4回ほど動かして
「イクっ~」
とか言われちゃって、
あっという間に果てられちゃったw
早え~よ!
しかも私イッてないよ!!
と下半身丸出しで呆然とする私を
尻目にさっさと風呂場いっちゃって、
さっぱりした顔つきで出てきてから一言
「さーこれから何事も
なかったかのように作業するよ。」
だと。
自分は、話す言葉も見当たらず
照れ笑いしちゃったけど、頭の中では
「本当にただの性処理だったのか!
それじゃあ私ってば肉便器みたいなもん?」
の考えが駆巡り、
その後しばらくブルーな気持ちになってしまいました。
でもあれから、
結婚して枯渇してしまった性欲や
女としての感情が一気に溢れてきてしまい、
毎日体が火照っています。
誰かとHしたいけどデブなおばさんとは
してくれないと思うのでダイエットを始めました。
そういう意味では
RさんとHしてよかったです。
そして肉便器でいいから
またHしたいと思っています。
今度機会があったら
アナル責めしてもらいたい。
実は私アナルが性感帯なんですよね。
ねっとりと夫以外の男性に
アナルを舐められたいんです。
一度目覚めた不倫の気持ちはもうとまりません